東京都市大学

分析力 × 創造力
=
イノベーション力

分析力 × 創造力
=
イノベーション力

2023年4月、東京都市大学は文理融合の文化を育む横浜キャンパスに、新しい学部『デザイン・データ科学部』を開設します。
「データサイエンス」を活かした分析力を基盤に創造力を磨き、新たな「もの」と「こと」を具体的に構想・設計・構築します。
すなわち「デザイン」できる実践的な専門力を持ちあわせた、グローバルに活躍できる「イノベーション人材」の育成を目指します。
革新的でグローバルなプロダクト(もの)やサービス(こと)をデザインし、実際に人々の生活を豊かにする発明がイノベーションです。
文系理系を問わず、確かな分析力と創造力を兼ね備え、新たなイノベーションを起こしていく人材を育成します。

新たなイノベーションを起こしていく人材を育成 新たなイノベーションを起こしていく人材を育成

カリキュラム

Curriculum

1・2年次

分析力・国際力を身につけ、
デザインとマネジメントの
基本を学ぶ

データサイエンスを使いこなすために必要な理論とプログラミングを学び、ものごとを読み解き、データを適切に処理・解釈する分析力を身につけます。同時に、外国語と国際教養を学び国際力を磨き、「もの」と「こと」をデザインしマネジメントする基礎力を養います。

3・4年次

デザインを国際的・
実践的に展開する

より専門的なデザインとマネジメントを学び、データに基づいた「もの」づくり・「こと」づくりを実践します。また、海外留学、国内外インターンシップにより実践の場を世界や実社会へと広げ、キャップストーンプロジェクト(卒業プロジェクト)では学びと実践を総括し、「イノベーション人材」としての社会進出を目指します。

学ぶ科目群と
輩出する人物像

Subjects

応用力

基盤力

ユーザーエクスペリエンス
デザイン科目

「もの」と「こと」を
具体的に
デザインする力を養います

データ科学科目

「もの」と「こと」を
分析的に見る能力、
適切に処理・解釈する能力を
養います

外国語・国際教養科目

国際的なコミュニケーションと
理解を深める能力を養います

確かな分析力を基に「もの」と「こと」をデザイン・マネジメントできる
国際的イノベーション人材を輩出します。

学びの特色

Learning

グローバル教養

外国語と国際教養を学び国際力を磨くことにより海外留学・海外インターンシップに備え、新しい「もの」や「こと」をデザインしマネジメントする基礎力を養います。海外留学・海外インターンシップにより、実践の場を世界や実社会へと広げることができます。
 デザイン・データ科学部では、学生全員が海外留学をしますが、学部において 基本とする留学プログラム「東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)」 の場合には、参加費用として985,000円(2022 年度現在予定)がかかります。

COOPプログラム

授業と学外での就労経験型学修を組み合わせた教育プログラムです。学生は一定期間、企業の現場で働くことで、就業経験と大学の単位を取得するとともに、実践力や総合的な社会人基礎力など、従来型のカリキュラムだけでは修得しにくい能力を効果的に身につけることを目指します。就業経験前には、就業経験後のレポート作成やプレゼンテーションなどを実務家教員のもとで体系的に学び、実践力、責任感、主体的行動力を身につけます。

キャップストーンプロジェクト

企業や組織が直面する様々な課題について、チーム体制で、その解決を目指します。課題の背景や文献の調査を行い、解決策を立案します。提案した解決策の実現性や有効性を検証し、チームでの議論、途中成果発表を繰り返して、最終的にプロジェクト報告書をまとめます。4年次に取り組むことで、本学部での学びの総仕上げになり、ここで得られた総合的な課題解決力をもとに、大学院では、さらに専門性を深めます。

副学長メッセージ

Message

東京都市大学 副学長
関 良明教授

急速な変化を続ける現代社会では、既成パラダイムから脱し、新たな体験をプロダクトやメディア、空間といった「もの」のデザイン、あるいは新たなサービスや、社会経済システム、ビジネスモデルといった「こと」のデザインによって、イノベーションを起こしていくことが求められています。
これを実現するためには、グローバルな感覚と、最適解を見つけ出すデータサイエンスの知識と技術、さらにマネジメントする力が必要です。
東京都市大学では、文系理系を問わず、確かな分析力と創造力を兼ね備えたイノベーション人材を育成するため、「デザイン・データ科学部」を、文理融合の文化が息づく本学横浜キャンパスに開設します。

急速な変化を続ける現代社会では、既成パラダイムから脱し、新たな体験をプロダクトやメディア、空間といった「もの」のデザイン、あるいは新たなサービスや、社会経済システム、ビジネスモデルといった「こと」のデザインによって、イノベーションを起こしていくことが求められています。
これを実現するためには、グローバルな感覚と、最適解を見つけ出すデータサイエンスの知識と技術、さらにマネジメントする力が必要です。
東京都市大学では、文系理系を問わず、確かな分析力と創造力を兼ね備えたイノベーション人材を育成するため、「デザイン・データ科学部」を、文理融合の文化が息づく本学横浜キャンパスに開設します。

横浜キャンパスに
ついて

Campus

閑静な住宅街が広がる港北ニュータウンの一角、緑豊かな自然に囲まれた絶好のロケーションに位置します。
日本の大学で初めて国際環境規格ISO14001認証を取得し、環境に配慮した「エコ・キャンパス」として、また最先端の情報ネットワークやIT施設を有する「サイバーキャンパス」として文理融合の文化が育まれています。
最寄りの「中川駅」からは渋谷や横浜へのアクセスも良く、
「新横浜駅」までも最短14分と、新幹線を利用した遠方への移動も便利です。

横浜キャンパス

東京都市大学 「デザイン・データ科学部 デザイン・データ科学科」の概要

  • 設置年月:
    2023年4月 入学定員100名
  • 設置場所:
    東京都市大学横浜キャンパス 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1
  • 最寄駅:
    横浜市営地下鉄ブルーライン「中川駅」徒歩5分
  • 学費:
    入学時納入金 1,550,000円(入学金 200,000円 授業料 1,290,000円 後援会費 50,000円 校友会終身会費分納金 10,000円)
  • 授与する学位:
    学士(学術)
  • お問い合わせ先:
    東京都市大学 デザイン・データ科学部設置準備室 TEL:045-910-0104(代)

東京都市大学 公式サイト デザイン・データ科学部ページはこちら
https://www.tcu.ac.jp/academics/designdatascience/