受験情報ポータル

東京都市大学 menu

学科改編のお知らせ

学科改編のお知らせ

時代を見つめ、未来を創る人材を育成します
~2019年4月より3学科を改編~

東京都市大学は、時代に合った力を身につけ、
企業・社会・時代に必要とされる人材を育成し続けるため、
2019年4月、6学部17学科に改編いたします。

改編する新たな3学科

工学部 電気電子通信工学科(現:電気電子工学科、知識工学部 情報通信工学科)

電気・電子・情報通信の基礎から最先端までを専門的に学ぶ
電気電子工学科と情報通信工学科を統合して150人の大型学科へ
-挑戦的・先駆的な改組

詳しくはこちら 開く

産業と生活をあらゆる面から支えている「電気・電子技術」と、最先端技術の基盤となっている「通信ネットワーク技術」や「情報処理技術」を高いレベルで融合させることで、さらなる有効利用と新しい可能性を探求する電気電子通信工学科。実践的な授業のもと、電気・電子・通信工学の専門知識と技術を学び、私たちの暮らしを支える電気電子技術を駆使し、新しい可能性を切り拓き、複合的な課題を解決できる技術者を育成します。

この改編に伴い、知識工学部 情報通信工学科の2019年4月入学者募集を停止いたします。
情報通信工学科の学びの分野は「電気電子通信工学科」で学ぶことができます。

知識工学部 知能情報工学科(現:経営システム工学科)

様々な知能の創造、データ分析と マネジメント力の研究
さらに高度化する情報技術-AI(人工知能)をはじめとする
最先端のテクノロジーを学ぶ

詳しくはこちら 開く

これからの社会では自動車や家電など様々なものが情報通信機能を持ち、それらが連動し、様々な知能を生み出します。本学科では人工知能、ビッグデータ解析やクラウド知能を始めとした様々な形式の知能を総合的に学修し、社会や企業の様々な問題を解決することのできる技術者の養成を目指します。ICTや自動車、電気機器などメーカーから金融・広告などのサービス産業まで、業界を問わず活躍できる先端的IT技術者やデータサイエンティストなどを育てます。

環境学部 環境経営システム学科(現:環境マネジメント学科)

社会と環境が抱える問題を『経営』と『政策』の分野を通じて、
解決に導く人材を育てる
「環境」は持続可能な社会を考えるためのキーワード
-文理複合の最強の社会科学系学科

詳しくはこちら 開く

持続可能な社会に向け、的確な環境経営の専門能力を身につける「環境経営分野」と、環境問題解決のための法整備や環境政策などを学ぶ「環境政策分野」の2領域を通じて、社会と環境が抱える問題を高い「実践力」で解決に導き、環境に優しい企業活動・消費行動を促す政策などの企画・立案力を身につけます。持続可能なサプライチェーンや経営管理に関わる授業も展開します。