CGを活用してデータを分かりやすく表現する可視化技術の研究

数値データを画像化することで人々のコミュニケーションを円滑にするシステムを研究しています。そのために、新しい可視化技法、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)システムを活用し、利用者の立場に立った使いやすく、分かりやすい可視化システムの構築を目指します。

  只今、進行中のプロジェクト

  科学研究費 (C)一般(分担)2020-2022年度末 代表 高柳英明、野中謙一郎(東京都市大学)

  歩行群集の小集団化と層状交差現象に着目したダイナミック・クラウドマネジメント手法

  科学技術振興機構(JST) 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(分担)2020-2021年度末 代表 木村眞実(東京都市大学)

  使用済自動車の再資源化工程を対象としたMFCAデータとデジタルトラッキ ングデータの「統合データ」による工程可視化と改善方法・効果の検証

  科学研究費 (C)一般(代表)2021-2023年度末 川原慎太郎(JAMSTEC)、樫山和男(中央大学)

  点群軽量化手法を用いたUnity可視化フレームワークとARアプリケーションの開発

過去の情報

以前のページ
2020年度の情報
2019年度の情報
2018年度の情報
2017年度の情報
2016年度の情報
2015年度の情報