◆生物多様性オフセットとは?

◆生物多様性バンキングとは?

◆国内類似事例

◆BBOPとは?

◆BBOPによる生物多様性オフセットの10原則

カリフォルニアにおける生物多様性オフセット(代償ミティゲーション)事例
(田中,1999)  【PDF, 973KB】   【写真の説明文>


田中研究室の活動・お知らせ

2019.06.06
第23回横浜祭にて田中教授が模擬講義を行います

2019年6月9日(日)、第23回横浜祭にて田中教授が模擬講義を行います。
 ■テーマ:「人間社会と自然が共存するためには」
 ■会場:31F教室(横浜キャンパス3号館1階)
 ■日時:2019年6月9日(日)、11時10分〜11時30分 

2019.06.06
第23回横浜祭に出展します

2019年6月8日(土)・9日(日)に開催される第23回横浜祭(本学横浜キャンパスにて開催)に、
当研究室も出展します。
伊豆大島産火山礫と在来シダ植物を用いたテラリウムの販売と 当研究室の研究フィールドツアーを行います。

2019.03.13
都筑小学校とビオトープづくりを取り組んでいます

2018年9月より、都筑小学校のビオトープづくりを支援しています。
本学横浜キャンパスに造成したビオトープ・パッケージと同様、
水田雑草群落を再現したビオトープを造成するため、
2018年10月3日に本学横浜キャンパスのビオトープ・パッケージ見学の受け入れ、
2018年11月19日に三ツ星ベルト株式会社様ご協力の下ため池造成用ゴムシートの設置、
2019年1月24日に本学横浜キャンパスにてビオトープ造成に関する小講義の実施、
2019年3月11日にはビオトープ・パッケージ内の植物及び土壌の採取
を行いました。

3月11日の様子は、地域情報誌タウンニュース都筑区版(2019年3月21日号)の
記事「都筑小6年生 校内に手作りビオトープ 都市大 田中教授が協力 」と
題して掲載されております。(記事はこちら
また、田中教授へのインタビューも同日号の人物風土記に掲載されております。(記事はこちら

2019.02.12
卒業研究発表会を行いました

2019年2月12日、学部4年生の卒業研究発表会を横浜キャンパスにて行いました。
9人の学生が研究成果の発表を行いました。

表:発表者と研究タイトルの一覧
発表者 研究タイトル
石野咲季 伊豆大島産火山礫のグリーンインテリアへの活用方法に関する研究
大畑聖一郎 エコトーンを評価軸とした景観評価に関する研究− 富士山を主題要素とした自然景観を対象に−
沖田星矢 SITESと日本における環境認証制度の比較ー生物多様性とハビタット空間に着目してー
金井瑞希 環境アセスメントにおけ希少生物保護のタイミングに関する研究
倉持光一 河川生態系の水域ネットワーク保全のためのニホンウナギ(Anguilla japonica)HSIモデル作成
代田裕起 気候変動の適応策としてのグリーンインフラストラクチャの概念分析〜生態系サービスに注目して〜
鈴木旭 気候変動が生態系に与える影響に関する研究-在来生物と外来生物に着目して-
武山朝也 バラ類の無農薬・無肥料栽培に関する研究
福島綾佳 ハーブ緑化による癒し空間の創出‐病院や介護施設へのハーブ植栽による活用‐


2019.1.20
【本研究室配属希望者の皆さん】田中教授と面談をしてください

2019年度研究室配属を希望される方は、田中教授との面談が必須です。
面談は予約制です。以下の連絡先に連絡をし、予約してください。

メールアドレス:g1883105@tcu.ac.jp(担当:川村)


2018.11.26
本学と東京都市大学付属塩尻高校との高大接続プロジェクトが東急線内の車内広告で紹介されています

  2018年11月下旬より、東急線内の車内広告で、本学と東京都市大学付属塩尻高等学校との高大接続プログラムが紹介されています。
 この取り組みは、田中教授を中心とした東京都市大学とその付属高校である東京都市大学付属塩尻高等学校の探求コースとの高大接続プロジェクトの一環として行われました。
 また、 この活動は、第10回東急グループ環境賞期待賞を受賞しています。

画像:電車内に掲出されている広告
詳細はこちらをご覧ください(東急グループのHPに飛びます)

2018.11.21
東京都市大学付属等々力高等学校で出張授業を行いました

 2018年11月21日、東京都市大学付属等々力高等学校にて、田中教授が出張授業を行いました。

2018.10.24
第28回 はやま環境フェスタに出展しました

 2018年10月14日、第28回はやま環境フェスタに出展しました。
 モクズガニを用いた流域環境指標生物に関する展示、河川生態系の水域ネットワーク保全のためのニホンウナギのHSIモデル作成に関する展示を行いました。

2018.08.23
第12回アジア環境アセスメント会議in静岡(AIC2018 in Shizuoka)を開催しました

 2018年8月20日から22日までの3日間、静岡県立大学、日本平ホテル、富士山周辺で第12回アジア環境アセスメント会議in静岡(AIC2018 in Shizuoka) を実施しました。当研究室ではこの会議の企画・運営を全般にわたって行いました。
 また、研究発表セッションにおいて修士1年の川村が"Policy research of Photo-voltaic power generation and Biodiversity conservation in the Izu-peninsula"と題する発表を、
学部4年の大畑、金井、代田がそれぞれ"Study on the Preference of the Ecotone in the Natural Landscape"、"Study on timing to protect endanger species in EIA "、"Green Infrastructure and It's Future Prospects in Japan"と題する発表を、学部2年の後藤が"Comparative Study on Tiering Systems in Strategic Environmental Assessments in Japan and the United States"と題する発表を行いました。

 詳細についてはこちらをご覧ください(環境アセスメント学会国際交流委員会HPに飛びます)

2018.07.20
第10回東急グループ環境賞授賞式に出席しました

2018年7月20日、第10回東急グループ環境賞授賞式に田中教授と修士1年の川村が東京都市大学を代表して出席しました。
この表彰は東京都市大学塩尻高等学校と本学の高大接続プログラムが”期待賞” に対するものです。
受賞対象者からのスピーチでは本学を代表して川村が行いました。


2018.06.20
平成30年度FGC体験学習を行いました

2018年6月20日、葉山町立南郷中学校にて行われたFGC体験学習に参加し、環境教育を行いました。
当研究室は、テーマを「在来植物で作ろう!葉山の植物モビール」と掲げ、実際に葉山町の上ノ山公園で在来植物の葉や実、枝を使ってオリジナル植物モビールを作成しました。
 

2018.06.21
第10回東急グループ環境賞を受賞が決定しました

2018年6月20日、第10回東急グループ環境賞の受賞団体の発表が行われました。
その結果、田中教授が中心となって実施した東京都市大学塩尻高等学校と本学の高大接続プログラムが”期待賞”を、 当研究室が15冊にわたって発行してきた”ハビタット植物図鑑”の取り組みが”奨励賞”を受賞しました。


2018.06.21
ハビタット植物図鑑の引渡式を行いました

2018年6月13日、昨年度作成したハビタット植物を株式会社グリーン・ワイズ社に引き渡しました。
当研究室OGでグリーン・ワイズ社の社員でもある廣田瑠璃さんにお越し頂き、ハビタット植物図鑑の引き渡しを行いました。

引き渡しは学部4年の沖田星矢が行いました(左:廣田瑠璃さん、右:沖田星矢)

2018.05.27
第18回葉山まちづくり展に出展しました

2018年5月25日〜27日にかけて葉山町で行われた第18回葉山まちづくり展に出展しました。
富士山を主題とした景観評価、モクズガニを用いた流域環境指標生物に関する展示を行いました。

2018.04.03
田中章教授が北京市と山西省太源市で講演を行いました

2018年3月21日から23日にかけて田中章教授が北京師範大学(北京市)と山西省環境規制院(山西省太源市)にて「中国における環境アセスメントへのHEP導入可能性について」をテーマに講演を行いました。


新装版、好評発売中!
HEP入門/田中章
韓国語版「HEP入門」
韓国語版HEP入門ハビタット評価手続き

生物多様性保全の実践入門書 企業の生物多様性保全CSR活動、野生生物保護行政、環境アセスメント,生物多様性配慮型開発計画,ビオトープ計画,環境教育に関わるすべての社会人、それらを目指す学生にとっての必読書。

  • 絶滅危惧動物に関連する書籍 - 朝倉書店
  • HEP入門 ―〈ハビタット評価手続き〉マニュアル― - 朝倉書店
  • 生物多様性を知る 朝倉書店の50冊


  • 学生のみなさんへ。田中章教授の紹介ページへのリンクです(早稲田塾HPにとびます)。


    東京都市大学横浜キャンパス中庭に造成したビオトープパッケージの観察日記です。ぜひご覧ください。

     当研究室が2011年から開始した下田市でのアカウミガメ保全に関する活動のHPです。


    東京都市大学環境学部のページ(プレビュー版)へはこちらからどうぞ