◆生物多様性オフセットとは?

◆生物多様性バンキングとは?

◆国内類似事例

◆BBOPとは?

◆BBOPによる生物多様性オフセットの10原則

学生による研究

  本Webサイトに掲載する論文・著作物等の著作権は、全て田中章に帰属します。調査報告書、論文等に引用される際には、必ず出典として論文名・著者名を明記していただきますようお願い申し上げます。

2019年度

修士研究

川村 昂史 地域循環共生圏の形成に資する日本版生物多様性オフセット・バンキングに関する研究

卒業論文


猪瀬 朱里 伊豆大島産火山礫の植栽基盤材としての可能性に関する研究
−クリーピングタイムによる香りの芝生の造成実験を通して−
永井 理予 開発事業に伴うHEP適応事例−今後の代償ミティゲーションの在り方について−
藤本 麻人 バラ類の無農薬・無化学肥料栽培の可能性に関する研究
星野 咲子 壁面緑化システムにおける在来種のホウライシダを利用した造成手法に関する研究

3年生研究

陳 純
井上 結貴
海外の空港建設に伴う生物多様性オフセットの事例研究
-Sunshine Coast Airport,Australia-
阿部 旭秀
横田 陸
海外の空港建設に伴う生物多様性オフセットの事例研究
-Heathrow Airport,UK-
浅見 友里
福島 渓太
海外の空港建設に伴う生物多様性オフセットの事例研究
-Juneau International Airport,U.S.A-
後藤 圭輔 環境アセスメントにおけるティアリングの動向

2018年度

卒業研究

石野 咲季 伊豆大島産火山礫のグリーンインテリアへの活用方法に関する研究
大畑 聖一郎 エコトーンを評価軸とした景観評価に関する研究
-富士山を主題要素とした自然景観を対象に-
沖田 星矢 開発に伴う環境認証制度における野生生物のハビタット保全に関する日米比較研究
-SITES,LEED,SEGESを対象として-
金井 瑞希 環境アセスメントにおける希少生物保護のタイミングに関する研究
金子 裕策 太陽光発電事業における環境アセスメント適用に関する研究
-環境影響評価のプロセスに着目して-
倉持 光一 河川生態系の水域ネットワーク保全のためのニホンウナギ(Anguilla japonica)HSIモデル作成
代田 裕起 気候変動の適応策としてのグリーンインフラストラクチャの概念分析
-生態系サービスに注目して-
鈴木 旭 気候変動が生態系に与える影響に関する研究-在来生物と外来生物に着目して-
武山 朝也 バラ類の無農薬・無肥料栽培に関する研究
福島 綾佳 ハーブ緑化による癒し空間の創出-病院や介護施設へのハーブ植栽による活用-

2017年度

卒業研究

岩間 雄志 横浜市里山ガーデンにおける在来春植物を利用した垂直多層植栽の実証実験
柏木 優希乃 伊豆大島産火山礫と在来植物を用いたテラリウム商品開発に関する研究
川村 昂史 日本版生物多様性オフセットにおける生物多様性定量評価手法の開発
-里山管理の成果に着目して-
川村 尚弥 人々が生物多様性配慮型壁面緑化に抱く印象に関する研究-在来シダ植物を用いて-
楠 昂大 太陽光発電事業における環境アセスメント適用に関する研究
-環境影響評価のプロセスに着目して-
小峯 隆徳 伊豆半島におけるアカウミガメ保全のための冊子作成
松嶋 宏晃 米国における生物多様性オフセット・バンキングの最新動向に関する研究

2016年度

修士研究

松宮 綾香 里山バンキングの実現可能性に関する研究

卒業研究

伊東 隆道 帷子川流域における魚類相の生息状況調査
大川 稀生 HEPによる辺野古沖ジュゴンのハビタット影響評価
伊東 隆道 帷子川流域における魚類相の生息状況調査
大塚 翔太 都市林保全と利用に関する研究―モウソウチク玩具利用に着目して―
岡安 俊樹 神奈川県三浦郡葉山町における環境アセスメント導入に関する研究
坂井 志帆 ハーブを利用した目地緑化手法に関する研究
高橋 夏那 キャンパスビオトープ・パッケージの植栽デザイン-東京都市大学横浜キャンパス中庭を対象地として-
熨斗 力 アカウミガメ保全のためのマニュアル作成
野島 優理子 ギフチョウを指標種とした定量的生物多様性評価手法の開発−愛知県海上の森を対象地として−
穂山 司 在来春植物を利用した垂直多層植栽緑化法に関する研究

2015年度

卒業研究

天野 拓郎 東日本大震災の復興・復旧における生物多様性保全に関する研究−グリーンインフラストラクチャーの概念に着目して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
濱崎 里那 国内における生物多様性評価手法の最新動向
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
澁谷 祥平 生物多様性オフセットバンキングにおけるエスクローの役割について
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
鈴木 康大 オーストラリアの生物多様性バンキングに関する研究- 沿岸域の保全と利用に着目して -
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
多々良 優 ミティゲーション・ヒエラルキーに関する研究ー概念図に着目してー
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
廣田 瑠璃 生物多様性に配慮したインテリア緑化の可能性と課題−在来種によるインテリア緑化作品制作を通してー
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
星野 翔太 在来の多年草を利用した緑化に関する研究−生物多様性配慮型垂直多層植栽手法の導入へ向けて−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
松村 卓哉 環境負荷を考慮した釣り用品の開発
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
矢野 沙希 自然復元の観点から見るランドスケープ副読本制作
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

2014年度

修士研究

相野田 幸司 音による都市域の生態系評価手法に関する研究−秋の鳴く虫に着目して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小畠 雅史 日本型生物多様性バンキング「里山バンキング」の実証実験
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

飯田 真央 動物層に着目した生態系の健全性に関する評価とその対策−東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープをケーススタディーとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
内田 大貴 フランスにおける生物多様性オフセットの最新動向に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
久保 丈博 原子力発電事業に対する環境影響評価の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小池 育弥 生物多様性を感じられるビル緑化の提案−東急プラザ表参道原宿・東急プラザ赤坂をケーススタディーとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
齋藤 航 英国における生物多様性オフセットの現状と課題に関する研究−日本への同制度導入へ向けて−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
高柳 遥平 アカウミガメの産卵地保全に着目した里海保全に関する研究−マルチステークホルダー会議の開催を通して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
田中 貴紀 里山保全活動に従事する人材確保に関する制度研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
松宮 綾香 HEPを用いた里山保全のための計画デザイン手法の開発に関する研究−神奈川県三浦郡葉山町森戸川村をケーススタディーとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
村尾 寛人 自然景観の選好要因に関する基礎的研究−地域性に着目して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

2013年度

修士研究

芦 朋也 日本版生物多様性バンキングに関する基礎的研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
石 宏偉 ダム撤去に対するニホンウナギのHEP評価−球磨川瀬戸石ダムを対象として
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

青木 陽介 生物多様性保全活動に対する助成金の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
板倉 肇 アカウミガメ産卵環境保全に関する合意形成へのHEP適用
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
岩松 俊英 東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープ・パッケージにおける累積確認動植物に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小見山 健 モクズガニと河川の物理的連続性に関する研究 -流域環境指標生物としての利用を前提として-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
清水 達哉 自然景観の選考要因に関する基礎的研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
中川 蘭 都市緑化における植物の香りの定性的かつ定量的分類方法の提案
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
森村 真琴 学校緑化への香りの芝生の導入に関する研究
-市民参加における日米の相違-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

2012年度

修士研究

八木 裕人 HEPによるダム撤去事業に伴う野生生物生息地の定量的影響評価
−球磨川、荒瀬ダムをケーススタディとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

天井 拓実 バラ植栽に関する共栄植物の研究
―東京都市大学横浜キャンパステニスコートの壁面緑化において―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
宇敷 裕子 英国における生物多様性オフセットに関する研究
―2012年に開始されたパイロットプログラムに着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
猿渡 航大 東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープ・パッケージにおけるハビタットとしての評価
―メダカのHSIモデル構築とその適用を通して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小畠 雅史 諸外国の戦略的環境影響評価制度における生物多様性オフセットの位置付けに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
子安 宏樹 簡易HEPを用いた鉄道林の生物多様性評価に関する研究
―JR西日本福知山周辺をケーススタディとして―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
志垣 琢磨
保田 現生
都市公園における生物多様性に配慮したランドスケープデザイン及び新しい緑地管理メカニズムの提案
―神奈川県横浜市中区山手町税関プール跡地をケーススタディとして―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
浜崎 類 日本原産バラについての研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
丸山 恭平 国内における生物多様性オフセットの動向
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
宮崎 真人 人工的ビオトープに飛来する生物に関する研究
―東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープ・パッケージのモニタリングを通して― ◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
宮武 蘭 ハーブによるグランドカバーに関する研究
―病院緑化への利用の提案―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
劉 涛 中国の環境影響評価制度における生物多様性分野に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
山口 敦士 日本の原子力発電所に係る環境影響評価制度に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

2011年度

修士研究

磯山 知宏 里山保全の経済的手法「里山バンキング」に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
松川 隼也 環境アセスメントにおける複数案評価の研究
―生物多様性分野のHEP適用を例にとって―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
野島 良 オーストラリア及びニュージーランドにおける生物多様性オフセット制度に関する研究
―オフセットの達成目標の判断基準に着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

相原 匡樹
高橋 謙太朗
コケ植物による都市緑化の現状と今後の可能性
―東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープ・パッケージを用いて―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
青木 玲香
酒寄 良太
都市型里山バンクの提案―二子玉川再開発事業区域内を対象地として―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
芦 朋也 In-Lieu-Feeプログラムの現状と日本適用の可能性
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
石井 賢佑
満瀬 拓己
発電事業における環境影響評価の現状と課題に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
石川 葵
石川 雅浩
人工池での藻類発生抑制に関する研究
―東京都市大学横浜キャンパス中庭ビオトープ・パッケージをケーススタディとして―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
戸村 良 香りを感じる都市緑化とハーブの植物材料を利用した製品開発の研究
―キャンパス階段地における「香りの芝生」をケーススタディとして―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
萩谷 拓郎 日本の生物多様性オフセット関連施策の現状と課題
―BBOPの生物多様性オフセットに着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
峰 愛美 HEPのHSIモデルを用いた簡易的生物多様性評価ツール「HSIカルテ」の作成
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

2010年度

修士研究

白坂 僚 ドイツにおける生物多様性オフセットおよび生物多様性バンキングの現状に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
藤瀬 弘昭 都市域における生物多様性に配慮した緑化に関する研究 ―ビオトープ・パッケージの開発と造成とその評価を通して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
大田黒 信介 国際社会における生物多様性オフセットおよび生物多様性バンキング政策の現状に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

植松 真一朗 BBOPの生物多様性評価手法に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
石貫 紗友里 英国における生物多様性オフセットの現状に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
磯崎 優 北川湿地における埋め立て事業から見た野生生物ハビタット保全の制度上の課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
内田 優 ニュージーランドにおける生物多様性オフセットに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
江藤 祥平 日本における生物多様性オフセットの動向と今後の課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小川 由貴 都市域の企業緑地を対象とした生物多様性評価手法の動向
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
清水 歩 NEPAと環境影響評価法に関する研究
-市民参加における日米の相違-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
高木 陽 ビオトープパッケージの効果と今後の課題
-東京都市大学横浜キャンパスをケーススタディとして-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
二宮 一史 国際機関における生物多様性オフセットの位置付けに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
羽田野 貴嗣 米国における代償ミティゲーションの最新動向
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
深野 崇翔 スウェーデンの生物多様性オフセットの現状について
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
宮沢 樹 香りと花で楽しむ壁面緑化の提案
-バラ属植物を用いた垂直緑化の実験を通して-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
八木 裕人 GISを用いたHEPの解析手法の開発
―横浜市上郷開発事業をケーススタディとして―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

 

2009年度

卒業研究

飯島 大樹 HSI モデル査読システムの在り方に関する研究
―HEP の適正な普及を目的として―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
磯山 知宏 諸外国の生物多様性バンキングの比較研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
海老原 学 HEP を応用した屋上緑化の評価手法の開発  ―生物多様性保全に着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小山 千晶 国際的生物多様性オフセットの可能性に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
今田 聡美 親子のための環境教育教材製作  -生物多様性オフセットを題材として-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
百々 菜津美

生物多様性オフセットとしての湿地造成の可能性
 ―ラムサール条約登録湿地に着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

長山 沙織 日本の環境アセスメントにおける生態系評価と 代償ミティゲーションの現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
野島 良 オセアニアにおける生物多様性オフセットに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
松川 隼也 ダム撤去を対象としたHEPによる評価方法の研究  ―球磨川荒瀬ダムを対象として―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
見形 健太 ハーブの踏圧に対する耐性の研究
―“香りの芝生”造成を目的として―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

 

2008年度

修士研究

高崎 大輔

都市域における二次林の保全及び復元に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

石井 武志

キャンパス屋上における湿地ビオトープパッケージに関する研究
‐ビオトープパッケージのヒートアイランド緩和効果と生物に与える影響‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

井出 あいみ NEPA と環境影響評価法における環境アセスメント制度の日米比較
-アセスメントプロセスと関連法・関係者の役割に着目して-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
大田黒 信介 諸外国におけるノーネットロス政策の現状 〜日本への導入に向けて〜
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
近藤 祐太

二次林とミミズコンポストの運用に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

斉藤 剛 クレマチス属植物を利用した垂直緑化の実験
― ヒートアイランド現象の緩和および都市の美化を目的として ―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
白坂 僚
自然環境情報の共有化を目的としたWebGISの構築
−神奈川県三浦郡葉山町におけるコミュニケーションツールとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
近嵐 亮太 オーストラリアにおける生物多様性オフセットに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
長谷川 彰 EU 及びドイツにおける生物多様性オフセットに関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
樋口 正秀 HSI モデル普及の促進に関する研究
−オオタカのHSI モデル及び査読システム作成を通して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
廣野 優子 HSI モデル普及の促進に関する研究
−オオタカのHSI モデル及び査読システム作成を通して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
藤瀬 弘昭 キャンパス屋上における湿地ビオトープパッケージに関する研究
‐ビオトープパッケージのヒートアイランド緩和効果と生物に与える影響‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

 

2007年度

修士研究

佐藤 勘才

葉山町森戸川流域における沿岸生態系復元計画
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

田中 亨 WebGIS による自然環境情報の共有化促進に関する研究
−神奈川県葉山町におけるタイワンリス被害調査を例として−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

大貫 賢志

クレマチス属植物におけるフェンス緑化パッケージの提言 −武蔵工業大学横浜キャンパスのテニスコートのフェンスをケーススタディとして−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

北原 知穂 神奈川県下山川の水生生物に関する研究 −流域環境指標生物に着目して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆  ◆下山川流域生態系調査報告(抜粋)◆
金 幇源 ソウル市チョンゲチョン復元事業に伴う環境アセスメントの有効性についての研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小菅 正輝

三浦半島下山川におけるHSIモデルを用いたハビタットハザードマップの作成に関する研究 −流域指標生物のアユを対象として−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

小林 彩子 開発事業におけるHSIモデルを活用したハビタット保全のランドスケープデザイン -(仮称)上郷開発事業をケーススタディとして-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
酒井 浩平
キャンパス屋上における湿地ビオトープパッケージに関する研究  −ビオトープパッケージの維持管理方法の違いによる生物やそれを取り巻く環境への影響−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
澁谷 祐樹 Web公開によるHSIモデルの普及 −HSIモデルの作成とウェブサイトの運営を通して−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
高木 晃 キャンパス屋上における湿地ビオトープパッケージに関する研究 −ビオトープパッケージの維持管理方法の違いによる生物やそれを取り巻く環境への影響−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
竹腰 裕一朗 米国における環境影響評価の適用事例と市民参加が意思決定に与える影響の分析 −プラット河復元実施プログラムEIAを対象として−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
森下 元美子 悪条件下におけるハーブ植栽に関する研究 -キャンパス階段地における「香りの芝生」造成試験を通して-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

2006年度

修士研究

佐藤 勘才 葉山町森戸川流域のランドスケープデザイン -都市域における流域環境保全計画の提案-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
田中 亨 森戸川流域の生態系保全を目的としたエコロジカル・プランニング -生態系保全の取り組みにおける意思決定支援システムの構築とその活用の提言-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

中屋 紀子 ランドスケープ保全の観点からの景観アセスメントシステムの構築 -鳥取県米子市皆生海岸をケーススタディとして-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
増田 紀子 生態系アセスメントにおけるHEPを用いたミティゲーションの研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

卒業研究

ウィドド・ナルコ

自然生態系の「ノーネットロス」政策の起源に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

大山 潤一 流域環境指標生物としてのモクズガニに関する研究 ‐神奈川県森戸川における捕獲調査を通して‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
佐藤 正輝 屋上緑化におけるハビタット機能に関する研究 ‐ビオトープパッケージのモニタリングを通して‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
塩原 沙代 神奈川県下山川における水生生物に関する研究 ―流域環境指標生物に着目して―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
高崎 大輔 窪地造成による二次林復元手法に関する研究
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
鳥内 麻衣

流域生態系保全のための自然環境教育ツールの制作 ―神奈川県森戸川の絵本作成―
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

永尾 大樹 壁面緑化材料としてのクレマチスに関する研究 ‐クレマチス属植物の図鑑制作を通して‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
長谷川 苑子 米国コンサベーション・バンキングに関する研究 ‐ウェットランド・ミティゲーション・バンキングとの比較から‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
山口 知子 日本における定量的生態系評価の促進に関する研究 ‐HSIモデルの定型化とWeb公開を通して‐
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

 

2005年度

修士研究

赤松 宏典 戦略的ミティゲーション政策の提言
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
久喜 伸晃 HEPによる干潟の生態系評価手法の提案
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆


卒業研究

青柳 亨

ビオトープ・パッケージ 商品化に向けた施工・管理方法の考案
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
新井 聖司 神奈川県三浦郡葉山町におけるアマモ場の分布と課題、今後の展望
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
伊藤 喬徳 ビオトープ・パッケージ 商品化に向けた施工・管理方法の考案
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
片山 充 里山・森林へのタケの侵入・拡大対策における竹材利用
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
佐藤 勇 ビオトープ・パッケージ 商品化に向けた施工・管理方法の考案
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
佐藤 勘才

森戸川流域の現状と課題 -流域環境保全の視点から-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

鈴木 浩晃 神奈川県三浦郡葉山町におけるタイワンリスによる生態系破壊状況
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
田中 亨 緑地の保全及び創生におけるGISの活用と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
地主 真悟 都市域でのハビタット創造 -武蔵工業大学横浜キャンパス斜面をケーススタディとして-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
中屋 紀子 ランドスケープの評価に関する研究 -景観評価システム構築にむけて-
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
長倉 恵美子 米国における自然再生型事業に対する環境アセスメント適用事例の分析
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
本田 彩 環境分野における高等教育の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
増田 紀子 日本の生態系アセスメントにおける代償ミティゲーションの現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
山田 ひとみ 愛知万博アセスにおける緑地保全に関するレビュー
◆PDF◆    ◆PowerPoint◆

事例研究(3年次に行う研究)

2005年度3年一同 森戸川流域の希少な生態系保全を目的として
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
2005年度3年一同 環境分野の職種図鑑
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

 

2004年度

卒業研究

石倉 真紀 庭園のハビタット機能からの検証
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
岡林 まゆみ 日本の環境アセスメントへのHEP導入にむけたHSIモデルの展望 −国内HSIモデルの現状とモデル精度による影響の視点から−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
小俣 宏 ビオトープパッケージの計画と製作 −武蔵工業大学横浜キャンパスに製作したビオトープパッケージをケーススタディーにおいて−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
田嶋 詳知

ビオトープパッケージ商品開発の可能性について
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

田中 優香 EUの生態系影響評価制度及び生態系評価手法の現状 −定量的視点からの検証−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
並木 崇 都市緑化におけるハビタット機能の検討〜武蔵工業大学横浜キャンパス斜面緑化計画を通じて〜
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
長谷川 自絵 自然環境教育教材におけるゲーム教材の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
長谷川 未奈 都市緑化におけるハビタット機能の検討〜武蔵工業大学横浜キャンパス斜面緑化計画を通じて〜
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
平山 良美 ビオトープパッケージの計画と製作 −武蔵工業大学横浜キャンパスに製作したビオトープパッケージをケーススタディーにおいて−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
山下 育美 米国における自然再生型事業に対する環境アセスメント適用事例の分析 −プラット河復元実施プログラムドラフトEISを対象として−
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

事例研究(3年次に行う研究)

新井 聖司
伊藤 喬徳
佐藤 勇
佐藤 勘才
鈴木 浩晃
田中 亨

流域指標生物図鑑

青柳 亨
片山 充
地主 真悟
中屋 紀子
長倉 恵美子
本田 彩
益田 紀子
山田 ひとみ

ハビタット植生図鑑

 

2003年度

卒業研究

赤松 宏典 都市域における二次林管理の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
植地 美保子 環境影響評価における自然環境保全措置の現状と課題
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
柴田 悠 茅ヶ崎海岸における海岸侵食に関わる環境保全政策の現状と課題〜流域環境保全の視点から〜
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
徳永 陽子

自然復元を目的とした在来植物材料の供給可能性について
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆

花岡 利季 アマモのハビタットとしての機能と復元方法
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
谷田部 瑞穂 世田谷区国分寺崖線保全に関わる現行制度の分析と対策
◆PDF◆  ◆PowerPoint◆
吉沢 麻衣子 日本におけるHEP導入の可能性−HSIモデルの分析にターゲットをおいて−
◆PDF◆   ◆PowerPoint◆

事例研究(3年次に行う研究)

田嶋 詳知
小俣 宏
並木 崇
山下 育美
人が手を加えたビオトープ
長谷川 自絵
平山 良美
環境影響評価法 生態系項目に関する現状と課題
田中 優香
石倉 真紀
岡林 まゆみ
長谷川 未奈
自然再生推進法の現状と課題

Copyright© 2002-2016, Akira Tanaka All Rights Reserved.

本Webサイトに掲載する論文・著作物等の著作権は、全て田中章に帰属します。
調査報告書、論文等に引用される際には、必ず出典として論文名・著者名を明記していただきますようお願い申し上げます。