英語外部試験利用/数学インセンティブ判定

英語外部試験利用について (一般選抜〈前期〉〈中期〉・全学部)

一般選抜〈前期・中期〉の試験において、英語外部試験を利用することができます。(出願時に事前登録)

指定された英語外部試験の得点は下記の基準に従い、英語の得点として換算します。
なお、外部試験の得点を利用した場合でも、本学の英語試験を受験することができます。その場合は、どちらか高得点のものを英語の得点として採用します。

〈換算点〉 実用英語技能検定
S-CBT(CBTを含む)
CSEスコア適用
Cambridge
English
GTEC IELTS TEAP TEAP CBT TOEFL
iBT®
TOEIC®
L&R+S&W
100点
に換算
準1級 2,304以上 First/for schools 1,190以上 5.5以上 309以上 600以上 72以上 1,560以上
80点
に換算
2級レベル 2,142以上 Preliminary/for schools 1.075以上 4.0-5.0 267以上 508以上 57以上 1,355以上
70点
に換算
2級レベル 1,980以上 - 960以上 - 225以上 420以上 42以上 1,150以上
60点
に換算
準2級レベル 1,855以上 Key/for schools 826以上 - 180以上 326以上 - 890以上
50点
に換算
準2級レベル 1,728以上 - 690以上 - 135以上 235以上 - 625以上

実用英語技能検定利用の場合は、準2級以上合格者(2次試験)が対象です。CSEスコアが上位級レベルに達していれば、換算点も上位点となります。
(例)準2級合格 CSEスコア1,900点→60点 CSEスコア2,150点→80点 2級合格 CSEスコア2,000点→70点

※ GTECは、OFFICAL SCOREの成績を有効とする。
  TOEIC L&R/TOEIC S&Wについては、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアとする。

【提出書類】
●英語外部試験利用では、証明書の原本(一部コピー)の提出が必要です。
●証明書は合計1通を提出してください(追加出願の場合は不要です)。

【有効期限】
●英検、Cambridge English→2020年(令和2年)4月以降に受験したもの
●左記以外→2021年(令和3年)2月以降に受験したもの

受験パターンのイメージ 例)一般選抜〈前期3教科型〉理工学部の場合

1時限目
理科
2時限目
数学

本学試験を受験
3時限目
英語

本学試験を受験
または
英語外部試験
得点を利用

または
どちらか高得点のものを
英語の得点として採用

数学インセンティブ判定 (一般選抜〈前期〉・理工学部)

数学インセンティブ判定は、一般選抜〈前期〉において理工学部の学科を受験した者を対象に、通常の3教科での合否判定と同時に、 数学の得点のみで合否判定をするものです。数学の得点が各学科の上位5%以内であれば、3教科の判定で合格ラインに達していなくても合格となります。事前申し込みは不要で、一般選抜〈前期〉に出願すると、従来の合否判定と併せて自動的に判定されます。

通常の合否判定 : 3教科の合格点で判定

1時限目
理科
2時限目
数学

3時限目
英語

(英語外部試験利用も可)

数学インセンティブ判定 : 数学の得点のみで判定

1時限目
理科
2時限目
数学

3時限目
英語

(英語外部試験利用も可)

※3教科受験は必須です(数学のみの受験では判定の対象外となります)。

合否判定パターン

例:一般選抜〈前期〉入試で、理工学部 機械工学科を受験

合格最低点を190点および数学上位5%を90点と仮定(例のため素点表示です)

Aさん 理科 60点
数学 75点
英語 60点
合計 195点 合格
Bさん 理科 60点
数学 60点
英語 60点
合計 180点 不合格
Cさん 理科 40点
数学 90点
英語 30点
合計 160点 合格

Cさんは合計点が合格最低点に達していませんが、数学インセンティブ判定で機械工学科の上位5%以内に入ったため合格となります。